StarTeam® 2009 Release 2 Eclipse Client リリース ノート

最終更新日:2010 年 12 月 2 日

StarTeam 2009 Release 2 Eclipse Client へようこそ。

このファイルには、オンライン ヘルプには記載されていない、本リリースに関する重要な情報が含まれている場合があります。アプリケーションをご使用になる前、および Micro Focus サポートラインにお問い合わせになる前に、本ファイル全文をご一読ください。

本リリースの新機能の概要については、StarTeam Eclipse Client オンライン ヘルプの「入門」にある「StarTeam 2009 Release 2 Eclipse Clientにおける新機能」を参照してください。

目次
システム要件 ヘルプが必要なときには
StarTeam Edition for Eclipse 2008 のアンインストール 製品間の相互運用性
インストール 既知の問題
メモ

システム要件

このクライアントのインストールおよび実行に必要なシステム要件は、次のとおりです。

重要: StarTeam Eclipse 11.0 では 1.6 JRE を使用することをお勧めします。最新の 1.6 JRE は、Sun Microsystems の Web ページ http://java.sun.com/products/archive/j2se/6u2/index.html からダウンロードできます。Eclipse の起動時に 1.6 JRE の使用を指定するには、eclipse.ini ファイルの先頭に -vm コマンドライン引数を付けます(例:-vm C:\jre1.6.0_02\bin\javaw.exe)。

システム対象 要件

Eclipse のバージョン

3.5

3.6

Java のバージョン

1.6 以上

オペレーティング システム

Windows 7 (32 ビットおよび *64 ビット)

Windows XP Professional SP3 (32 ビット)

Windows Vista Business SP2 (32 ビット)

Solaris 10 (32 ビット)

Red Hat Enterprise Linux 5.1 (32 ビット)

*StarTeam Eclipse Client は 32 ビットでのみテストされています。

StarTeam Server のバージョン

StarTeam Server 2009 Release 2

StarTeam Server 2009

StarTeam Server 2008 Release 2

ハードディスク領域

Eclipse に必要な領域の他に、アプリケーションのインストールに 37 MB のハードディスク領域が必要です。

注:作業ファイル用に十分なディスク領域が必要です。必要なディスク容量は、製品の使用方法によって異なります。

注:本製品を使用する際には、Java のメモリ割り当てヒープを増やすことを強くお勧めします。この設定は、Java コマンド(-vmargs) -Xms および Xmx を使用して指定します。適切な設定値は、利用可能な物理メモリの容量に応じて決まります。より多くのメモリ容量を使用することによって、パフォーマンスは大幅に向上します。ただし、ページングを回避できるだけの十分な物理メモリがない場合は、ヒープを大きくしないようにする必要があります。メモリのヒープ設定の詳細については、Eclipse.org、IBM.com、および Java.Sun.com を参照してください。

インストール先のコンピュータに本製品の以前のバージョンがインストールされている場合は、以前のバージョンをアンインストールするか無効にしてから、このバージョンをインストールする必要があります。

先頭へ

StarTeam 2008 Eclipse Client のアンインストール

本リリースをインストールする前に、StarTeam 2008 Eclipse Client を無効にするかアンインストールしておくことをお勧めします。2 つのバージョンのクライアントから提供されるメニュー オプション間で混乱が発生するのを回避するために、Micro Focus では次の手順を実行することをお勧めしています。

Windows 以外のプラットフォームでインストールまたはアンインストールを行う場合は、使用するインストール済み Java VM をパラメータとして指定する必要があります。これは、Windows 以外のオペレーティングシステムの Java VM がインストーラにバンドルされていないためです。インストーラまたはアンインストーラに LAX_VM パラメータを追加して、お使いの VM へのパスを指定してください。例:
./StarTeamEC.bin LAX_VM /usr/java/latest/jre/bin/java

StarTeam Edition 2008 Eclipse Client をアンインストールするには

  1. StarTeam Edition 2008 Eclipse Client アンインストール プログラムを実行します。
  2. ウィザードの画面に表示される指示に従います。

StarTeam 2008 Eclipse Client を無効にするには

  1. Eclipse のメイン メニューから Help > Software Updates > Manage Configuration を選択します。Product Configuration ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. ダイアログ ボックスの左側の一覧から、<ドライブ文字>:\Program Files\Borland\StarTeam 2008 Eclipse Client\eclipse を選択します。
  3. Available Tasks リストから Disable を選択します。
  4. その結果開かれるダイアログ ボックスで、OK をクリックして変更を確定します。
  5. Eclipse を再起動します。

ヒント:後で、上記の手順に従い、Product Configuration ダイアログ ボックスの Available Tasks リストから Enable を選択することで、StarTeam 2008 Eclipse Client を再度有効にすることができます。

先頭へ

インストール

StarTeam Eclipse Client のインストールを行う前に、Eclipse 3.5 または 3.6 のいずれかがインストール済みである必要があります。Eclipse IDE がインストールされている場合は、実行可能ファイルをダウンロードし、InstallAnywhere ウィザードを実行することで、StarTeam 2009 Release 2 Eclipse Client をインストールできます。

Install Anywhere ウィザード

  1. 変更したファイルをすべて保存した後で、実行中のすべてのアプリケーションを閉じます。
  2. 実行可能(.exe)ファイルを起動します。StarTeam インストール ファイルは、Micro Focus Product Updates ダウンロード サイトからダウンロードできます。
  3. Eclipse セクションまでスクロール ダウンして、HTTP または FTP でダウンロードする 3.5 および 3.6 フォーマットをクリックします。
  4. インストール ウィザードの画面に表示されるインストール手順に従います。

先頭へ

製品間の相互運用性

先頭へ

メモ

[選択にリンク] は [StarTeam Server に接続] の [なし] 設定よりも優先されます。[選択にリンク] をクリックすると、StarTeam では、[変更要求]、[トピック]、[タスク]、または [要件] ビューなどのビューで共有フォルダまたはアイテムを選択したときに、自動的にサーバーに接続してビュー表示を更新することを要求していると見なされます。

先頭へ

既知の問題

本リリースの既知の問題は、次のとおりです。

先頭へ

ヘルプが必要なときには

Micro Focus のサポート サービスの詳細については、Micro Focus Support Resources http://supportline.microfocus.com/supportresources/borsupportpolicies.aspx を参照してください。

先頭へ

Copyright © 2010 Borland (a Micro Focus Company).すべての Borland のブランド名および製品名は、米国およびその他の国における Borland Software Corporation の商標または登録商標です。 その他のブランドまたは製品名は、その版権所有者の商標または登録商標です。